NMB48 途中下車 歌詞

NMB48 途中下車の歌詞を提供しています。 『途中下車』とはNMB48さんが2016/12/28に発売された楽曲です。

途中下車 歌詞

曲名:途中下車

発売日:2018/3/4

歌手:NMB48

作詞:NMB48

作曲:NMB48

ずっと 眺めてた
走る窓のこの景色
いくつの山とトンネル抜けて
長い橋を渡ったか?

夢の終点は
まだ先だとわかっている
通過して行く小さな駅の名前
何となく気になってた

そこにはそこで 乗客が待ち
各駅停車の電車が来る
私は何を急いでいるのか
未来の時間は まだまだ残ってるのに…

途中下車して 歩こうか?
知らない世界がまだあるから
きっと人生はゆっくりと
最後のゴールを目指すもの

いつか 乗っていた
仲間たちとこのレール
一人一人とどこかで乗り換えて
思い出を旅立って行く

始発駅から乗り込めたから
時刻表通り進んで来た
終着駅で何をすればいい
本当にやりたいことがわからなくなった

途中下車して 考えよう
他にも色々夢はあるよ
そんな急いでもしょうがない
降りたいその駅で降りてみる

人は(人は)誰も(誰も)
運命で動いてる
運ばれてるだけじゃつまらないよ
だけど(だけど)きっと(きっと)自分の意思で
行き先は選べるんだ

途中下車して 歩こうか?
知らない世界がまだあるから
きっと人生はゆっくりと
最後のゴールを目指すもの

途中下車したその駅は
見るものすべてが新鮮だよ
何もしていない そのことが
一番大事だと 気づいたよ

NMB48と途中下車と歌詞について

以上がNMB48 途中下車の歌詞です。

  • NMB48の楽曲一覧はこちらから
  • 途中下車関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

NMB48 途中下車の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。