大石円 サルビアの花 歌詞

大石円 サルビアの花の歌詞を提供しています。 『サルビアの花』とは大石円さんが2002/10/09に発売された楽曲です。

サルビアの花 歌詞

曲名:サルビアの花

発売日:2018/3/4

歌手:大石円

作詞:大石円

作曲:大石円

いつもいつも思ってた
サルビアの花を あなたの部屋の中に
投げ入れたくて
そして 君のベッドに
サルビアの紅い花 しきつめて
僕は君を死ぬまで 抱きしめていようと
なのになのにどうして 他の人のところへ
僕の愛の方が すてきなのに

泣きながら 君のあとを追いかけて
花ふぶき 舞う道を
教会の鐘の音(ね)は なんてうそっぱちなのさ
とびらをあけて 出てきた君は
偽りの花嫁
ほほをこわばらせ 僕をチラッと見た
泣きながら 君のあとを追いかけて
花ふぶき 舞う道を
ころげながら ころげながら 走りつづけたのさ

大石円とサルビアの花と歌詞について

以上が大石円 サルビアの花の歌詞です。

  • 大石円の楽曲一覧はこちらから
  • サルビアの花関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

大石円 サルビアの花の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。