大石円 花 歌詞

大石円 花の歌詞を提供しています。 『花』とは大石円さんが2002/10/09に発売された楽曲です。

花 歌詞

曲名:

発売日:2018/3/4

歌手:大石円

作詞:大石円

作曲:大石円

川は流れて どこどこ行くの
人も流れて どこどこ行くの
そんな流れが つくころには
花として 花として 咲かせてあげたい
泣きなさい 笑いなさい
いつの日か いつの日か 花をさかそうよ

涙ながれて どこどこ行くの
愛もながれて どこどこ行くの
そんなながれを このうちに
花として 花として むかえてあげたい
泣きなさい 笑いなさい
いつの日か いつの日か 花をさかそうよ

花は花として わらいもできる
人は人として 涙もながす
それが自然のうたなのさ
心の中に 心の中に 花を咲かそうよ
泣きなさい 笑いなさい
いついつまでも いついつまでも 花をつかもうよ

大石円と花と歌詞について

以上が大石円 花の歌詞です。

  • 大石円の楽曲一覧はこちらから
  • 花関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

大石円 花の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。