長山洋子 ぬけがら 歌詞

長山洋子 ぬけがらの歌詞を提供しています。 『ぬけがら』とは長山洋子さんが2000/06/21に発売された楽曲です。

ぬけがら 歌詞

曲名:ぬけがら

発売日:2018/3/4

歌手:長山洋子

作詞:長山洋子

作曲:長山洋子

やせた煙草の 吸いがらを
朝の流しに 捨てにいく
命たたんで あのひとに
女まるごと あげたのが
たったひとつのたったひとつの 春だった

嘘を怖がる 男には
夢となみだが 子守り唄
愛をなくした 女には
癒す唄など ないけれど
せめて酔わせて せめて酔わせて ひぐれ酒

惚れてちぎれた この恋を
泣いてうらんで 何になる
買ってもらった 手鏡に
ばかと小さく 笑いかけ
ぜんぶ忘れて ぜんぶ忘れて 眠りたい

長山洋子とぬけがらと歌詞について

以上が長山洋子 ぬけがらの歌詞です。

  • 長山洋子の楽曲一覧はこちらから
  • ぬけがら関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

長山洋子 ぬけがらの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。