長山洋子 抜海の里 歌詞

長山洋子 抜海の里の歌詞を提供しています。 『抜海の里』とは長山洋子さんが2000/06/21に発売された楽曲です。

抜海の里 歌詞

曲名:抜海の里

発売日:2018/3/4

歌手:長山洋子

作詞:長山洋子

作曲:長山洋子

寒い夜更けの 終着駅は
恋の未練も 凍てつくよ さいはて
連れあいに捨てられた 海鳥が
消えていく 消えていく 利尻富士
越えなきゃ 落ちると 鳴くはぐれ
私も泣きます 抜海の里

心変わりを 責められなくて
何で綺麗に 身を引いた 一人で
ちりちりと 風に咲く 雪の花
馬鹿だよと 馬鹿だよと 頬を打つ
このまま 流れて 礼文まで
私も果てたい 抜海の里

安物の指輪だよ 抜けないなんて
思い出が 思い出が つきまとう
二度とは 目覚めぬ 捨て場所へ
私も発ちます 抜海の里

長山洋子と抜海の里と歌詞について

以上が長山洋子 抜海の里の歌詞です。

  • 長山洋子の楽曲一覧はこちらから
  • 抜海の里関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

長山洋子 抜海の里の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。