長山洋子 夢がらす 歌詞

長山洋子 夢がらすの歌詞を提供しています。 『夢がらす』とは長山洋子さんが2000/06/21に発売された楽曲です。

夢がらす 歌詞

曲名:夢がらす

発売日:2018/3/4

歌手:長山洋子

作詞:長山洋子

作曲:長山洋子

おぎゃあと生まれて 地団駄踏んで
なんで今頃 恋の春
忘れかけてた こころの火花
咲かすおまえに 惚れたのさ
捨てちまえ 過去なんか
俺が日の出を 見せてやる

流れて一匹 浮き草暮らし
ボロも錦の 心意気
肌を射すよな 世間の風も
おっとどっこい 跳ねかえせ
泣くがいい 思い切り
俺のでっかい この胸で

この手をはなすな 余所見はするな
信じあうのが ルールだぜ
絆ひとつで 夜明けも近い
啼いて知らせる 夢がらす
幸せを いつまでも
俺はおまえに 灯すのさ

長山洋子と夢がらすと歌詞について

以上が長山洋子 夢がらすの歌詞です。

  • 長山洋子の楽曲一覧はこちらから
  • 夢がらす関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

長山洋子 夢がらすの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。