五輪真弓 雨 歌詞

五輪真弓 雨の歌詞を提供しています。 『雨』とは五輪真弓さんが1990/09/15に発売された楽曲です。

雨 歌詞

曲名:

発売日:2018/3/4

歌手:五輪真弓

作詞:五輪真弓

作曲:五輪真弓

雨が空から 降りてきて
トタン屋根を たたいてる
誰か来たよと 揺れている
はだか電球 ゆらゆらと

“はいっておいでよ
わたしはひとり
あなたが来るのを
待ってたの
熱い紅茶でも 飲みながら
語り明かそうよ”

“君のうちはトタン屋根
ぼくの好きな トタン屋根
君がいつも ひとりだから
来たんだよ
まわりはみんな かわら屋根
ノックできない かわら屋根”

雨が空から 降りてきて
トタン屋根を たたいてる

五輪真弓と雨と歌詞について

以上が五輪真弓 雨の歌詞です。

  • 五輪真弓の楽曲一覧はこちらから
  • 雨関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

五輪真弓 雨の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。