長山洋子 愛 歌詞

長山洋子 愛の歌詞を提供しています。 『愛』とは長山洋子さんが2000/06/21に発売された楽曲です。

愛 歌詞

曲名:

発売日:2018/3/4

歌手:長山洋子

作詞:長山洋子

作曲:長山洋子

愛と背中に なぞった指が
昨夜(ゆうべ)の嘘を 伝えてる
肌が感じる やさしさは
男の罪の 裏返し
いっそつれない つめたさで
今夜は抱いて ほしかった

あまりあなたが いい男(ひと)すぎて
信じていても 不安なの
熱いいとしい くちびるが
かわいた胸に 火をつける
惚れた弱みの 倖せが
いつまで続く はずもない

夢を涙を 女の意地を
占うような 夜(よる)の雨
愛があるから 燃えるのか
燃えれば愛と 言えるのか
愛をはかりに かけるより
死んでもいいと 思いたい

長山洋子と愛と歌詞について

以上が長山洋子 愛の歌詞です。

  • 長山洋子の楽曲一覧はこちらから
  • 愛関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

長山洋子 愛の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。