Droog Monochrome 歌詞

Droog Monochromeの歌詞を提供しています。 『Monochrome』とはDroogさんが2016/12/21に発売された楽曲です。

Monochrome 歌詞

曲名:Monochrome

発売日:2018/3/4

歌手:Droog

作詞:Droog

作曲:Droog

せめて終わらないメロディーを
また同じ夢を見ていた

あの日が最後と知ってたら
何が 変わっただろう

アナナ ウア…

記憶のなか
生き続ける
たとえ 呼吸が止まっても
今も きみの呼ぶ声が
目を閉じれば 聞こえるよ

きみがくれた
モノクローム
いかないで 愛しい人よ
命 燃えて 揺れている
時は流れていく

花咲き 花舞い 散り行く
逆らえない そのサイクル

こんな日が来るなんて さあ
きみだけが 知ってた

アナナ ウア…

かすかな息
たしかな意義
ハートの鼓動 止まっても
今もきみの あの姿
まぶたの裏 映ってる

受け取ること
与えること
命のリレー きみのバトンを
二度と離さないように
また夜を越えてく

記憶のなか
生き続ける
たとえ 呼吸が止まっても
今もきみの 呼ぶ声が
目を閉じれば聞こえるよ

今でもまだ
モノクローム
大切な 愛しい人よ
命 燃えて 揺れている
時は流れていく
時は流れていく

DroogとMonochromeと歌詞について

以上がDroog Monochromeの歌詞です。

  • Droogの楽曲一覧はこちらから
  • Monochrome関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

Droog Monochromeの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。