羽多野渉 Never be too late 歌詞

羽多野渉 Never be too lateの歌詞を提供しています。 『Never be too late』とは羽多野渉さんが2016/12/21に発売された楽曲です。

Never be too late 歌詞

曲名:Never be too late

発売日:2018/3/4

歌手:羽多野渉

作詞:羽多野渉

作曲:羽多野渉

メトロの風 背に受け 階段を 駆け上がれば
華やぐアヴェニュー 急かされるアクティビティ
二階建ての バス越し 見上げてた 空の青は 限りない

街がメロディを奏でる 夢が未来を歌い出す
ここに「自由」を恥じる者なんて居ない

Never be too late 風のように
曇り知らない眼差しで 見つめていた物語を
Never say never 信じれば
明日の鼓動 導いてく
Listen to my beats 感じながら 踊ろうぜ

知らず識(し)らず 心に ブレーキを 掛けていたね
今日からブランニューワン 抱きしめるディバーシティ
変わるシグナル すべては 想いの強さで決まる「ねえ、そうだろう?」

街は希望のメリーゴーラウンド 夢をチカラに廻り出す
ここで「自由」にキスを 愛を叫ぼう

Everybody sings! 空のように
未来を決して疑わず 跳び越えてく国境線を
Everybody goes! 望むなら
次の世界 待ち受けてる
Gotta take a chance スリルだって 愉(たの)しんで

Never be too late 風のように
曇り知らない眼差しで 見つめていた物語を
Never say never 信じれば
明日の鼓動 導いてく
Listen to my beats 感じながら 踊ろうぜ

羽多野渉とNever be too lateと歌詞について

以上が羽多野渉 Never be too lateの歌詞です。

  • 羽多野渉の楽曲一覧はこちらから
  • Never be too late関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

羽多野渉 Never be too lateの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。