神楽麗(永野由祐) Echoes My Note 歌詞

神楽麗(永野由祐) Echoes My Noteの歌詞を提供しています。 『Echoes My Note』とは神楽麗(永野由祐)さんが2016/12/21に発売された楽曲です。

Echoes My Note 歌詞

曲名:Echoes My Note

発売日:2018/3/4

歌手:神楽麗(永野由祐)

作詞:神楽麗(永野由祐)

作曲:神楽麗(永野由祐)

嬉しいとこぼれる 不思議な音色
また生まれてゆく
Echoes My Note

ほらいつだって聴こえる 鳥の羽音さえずりが
今朝止んだばかりの雨に濡れた 木々たちの呼吸が

なにも怖がらずに耳澄まそう
そっと胸のなか…ひびくように

こだました世界と想像つながって
よろこんだ心が言った“奏でたい”
湧き出したまま歌う
この声を受け取るとき そこに笑顔があるように
願いながら My Note 届けたい

閉じこもってしまえば どんな傷も知らず済むけれど
でも孤独な音色は冷たい 誰に寄り添えもしないから

背中預けながら爪弾こう
それが変わるだろう…ぬくもりに

雪の下 蒲公英が寒くないように
ピチカート おどけた曲を奏でよう
大袈裟じゃなくていい
ささやかに目尻下げて うなづくだけの仕草で
一番の拍手だって思うから

Melody is Ray…
Melody is Life…

こだました世界と想像つながって
よろこんだ心が言った“奏でたい”
湧き出したまま歌う
この声を受け取るとき そこに笑顔があるように
願いながら My Note 届けたい
Melody is Heart…

神楽麗(永野由祐)とEchoes My Noteと歌詞について

以上が神楽麗(永野由祐) Echoes My Noteの歌詞です。

  • 神楽麗(永野由祐)の楽曲一覧はこちらから
  • Echoes My Note関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

神楽麗(永野由祐) Echoes My Noteの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。