氷川きよし おとこの詩 歌詞

氷川きよし おとこの詩の歌詞を提供しています。 『おとこの詩』とは氷川きよしさんが2016/12/14に発売された楽曲です。

おとこの詩 歌詞

曲名:おとこの詩

発売日:2018/3/4

歌手:氷川きよし

作詞:氷川きよし

作曲:氷川きよし

さくら木(ぎ)は 雪背負い
風に叩(たた)かれ 雨を吸(す)い
花を咲かす
人(ひと)の世(よ)の 男も同じ
傷負いながら 涙をすすり
あゝ いのち磨く

母の愛 父の夢
人は授(さず)かり 生まれきて
きょうを生きる
一隅(いちぐう)を 照らして生きる
男になれと 言われたことば
あゝ 忘れまいぞ

仰ぎ見る その姿
富士の尊(とうと)き 雄々(おお)しさに
なみだ溢(あふ)る
幾年(いくとせ)の 山河(さんが)を越えて
まだなお遠き 見果(みは)てぬ夢の
あゝ 志(こころざし)よ

氷川きよしとおとこの詩と歌詞について

以上が氷川きよし おとこの詩の歌詞です。

  • 氷川きよしの楽曲一覧はこちらから
  • おとこの詩関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

氷川きよし おとこの詩の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。