氷川きよし 大江戸出世小唄 歌詞

氷川きよし 大江戸出世小唄の歌詞を提供しています。 『大江戸出世小唄』とは氷川きよしさんが2016/12/14に発売された楽曲です。

大江戸出世小唄 歌詞

曲名:大江戸出世小唄

発売日:2018/3/4

歌手:氷川きよし

作詞:氷川きよし

作曲:氷川きよし

土手の柳は風まかせ
好きなあの子は口まかせ
ええしょんがいな
ああしょんがいな

きりょう良いとて自惚れな
どうせ一度は散る花よ
ええ風が吹く
ああ風が吹く

どうせ散るなら このわしに
なびく気持は ないかいな
ええ ままならぬ
ああ ままならぬ

無理になびけば そりゃ野暮よ
なびく時節が 来るなれば
ままよ かまやせぬ
ああ かまやせぬ

雨が降ったら その時は
俺の涙と 思やんせ
ええ しょんがいな
ああ しょんがいな

氷川きよしと大江戸出世小唄と歌詞について

以上が氷川きよし 大江戸出世小唄の歌詞です。

  • 氷川きよしの楽曲一覧はこちらから
  • 大江戸出世小唄関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

氷川きよし 大江戸出世小唄の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。