根津甚八 旅人の唄 歌詞

根津甚八 旅人の唄の歌詞を提供しています。 『旅人の唄』とは根津甚八さんが1994/10/21に発売された楽曲です。

旅人の唄 歌詞

曲名:旅人の唄

発売日:2018/3/4

歌手:根津甚八

作詞:根津甚八

作曲:根津甚八

旅する男の 飲む酒は
オンザロックが いいだろう
話し相手も ないからに
とけた氷の 音をきく

旅する男の きく唄は
古い演歌が いいだろう
爪にともした 人情を
節のあいまに なつかしむ

旅する男の 寝る宿は
草の枕が いいだろう
星に似ている まばたきを
思い出すには それがいい

旅する男の つく嘘は
劇画みたいが いいだろう
傷やかげりが 似合うなら
その場限りの 嘘もいい

根津甚八と旅人の唄と歌詞について

以上が根津甚八 旅人の唄の歌詞です。

  • 根津甚八の楽曲一覧はこちらから
  • 旅人の唄関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

根津甚八 旅人の唄の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。