中西りえ 桃色吐息 歌詞

中西りえ 桃色吐息の歌詞を提供しています。 『桃色吐息』とは中西りえさんが2016/12/07に発売された楽曲です。

桃色吐息 歌詞

曲名:桃色吐息

発売日:2018/3/4

歌手:中西りえ

作詞:中西りえ

作曲:中西りえ

咲かせて 咲かせて
桃色吐息
あなたに 抱かれて
こぼれる華になる

海の色に染まる ギリシャのワイン
抱かれるたび 素肌 夕焼けになる
ふたりして夜に こぎ出すけれど
誰も愛の国を 見たことがない
さびしいものは あなたの言葉
異国のひびきに似て 不思議

金色 銀色
桃色吐息
きれいと 言われる
時は短すぎて

明り採りの窓に 月は欠けてく
女たちはそっと ジュモンをかける
愛が遠くへと 行かないように
きらびやかな夢で 縛りつけたい
さよならよりも せつないものは
あなたのやさしさ なぜ? 不思議

金色 銀色
桃色吐息
きれいと 言われる
時は短すぎて
咲かせて 咲かせて
桃色吐息
あなたに 抱かれて
こぼれる華になる

中西りえと桃色吐息と歌詞について

以上が中西りえ 桃色吐息の歌詞です。

  • 中西りえの楽曲一覧はこちらから
  • 桃色吐息関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

中西りえ 桃色吐息の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。