根津甚八 ほたる草 歌詞

根津甚八 ほたる草の歌詞を提供しています。 『ほたる草』とは根津甚八さんが1994/10/21に発売された楽曲です。

ほたる草 歌詞

曲名:ほたる草

発売日:2018/3/4

歌手:根津甚八

作詞:根津甚八

作曲:根津甚八

この手に抱けば 折れそうな
ほそい体の やつだった
指もふれずに 別れて来たと
言っても世間は 信じない
あゝほたる草 ほたる草
旅路のはての あぜ道で
おまえの面影 見る俺さ

あの水色の 静けさが
好きと言ってた いじらしさ
汚れひとつも 知らないおまえ
なんで出来よう 道づれに
あゝほたる草 ほたる草
さすらう俺を 慰めて
つぼみを開いて くれたのか

都をすてた 俺だけが
知っているのさ 純な恋
春を背にして 乗りつぐ汽車に
きょうも夕陽が 燃えつきる
あゝほたる草 ほたる草
旅路の宿の ひとり寝は
おまえを夢見て 寒かろう

根津甚八とほたる草と歌詞について

以上が根津甚八 ほたる草の歌詞です。

  • 根津甚八の楽曲一覧はこちらから
  • ほたる草関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

根津甚八 ほたる草の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。