根津甚八 ゆきずり 歌詞

根津甚八 ゆきずりの歌詞を提供しています。 『ゆきずり』とは根津甚八さんが1994/10/21に発売された楽曲です。

ゆきずり 歌詞

曲名:ゆきずり

発売日:2018/3/4

歌手:根津甚八

作詞:根津甚八

作曲:根津甚八

「お前は俺のすべてだったよ、苦労ばっかりで許しておくれ、
俺はひとりで旅に出る、お前の面影忘れるために」

指輪のひとつも やれない俺に
二年もつくして くれた奴
別れの苦しさ 耐えてたお前
わかっていたのさ いたいほど
ゆきずりの 町に来て
ゆきずりの 酒を飲む
お前の涙の 味がする
「俺のことなんか忘れて、幸福になれよ」

世間の掟に しばられながら
愛してしまった 俺たちさ
こんなに辛いと 思わなかった
男ひとりの 旅の果て
ゆきずりの 町に来て
ゆきずりの 酒を飲む
酔うほどむなしく なるばかり
「もうすぐ冬がやってくる、身体だけは気をつけろよ」

二人でくらせる 世界がほしい
お前の言葉が 身をせめる
詫びてもすまない この俺だけど
幸せ祈って いるんだよ
ゆきずりの 町に来て
ゆきずりの 酒を飲む
どこかで一声 泣く汽笛

根津甚八とゆきずりと歌詞について

以上が根津甚八 ゆきずりの歌詞です。

  • 根津甚八の楽曲一覧はこちらから
  • ゆきずり関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

根津甚八 ゆきずりの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。