斉藤誠 横浜 歌詞

斉藤誠 横浜の歌詞を提供しています。 『横浜』とは斉藤誠さんが2004/01/28に発売された楽曲です。

横浜 歌詞

曲名:横浜

発売日:2018/3/4

歌手:斉藤誠

作詞:斉藤誠

作曲:斉藤誠

止まない雨の音と 通り過ぎてく波の匂いに
立ち止まった公園が 記憶の街を見下ろしている

遠い二人 傷つけ合い泣いていた
溢れそうな淋しさに怯え
さよならに消えていった帰らぬ日々

もう泣かさない もう離れない
百倍の愛を 捧げることだけ
君の哀しみ 僕の過ち
だから誓うよ “そしてもう一度愛してる”

消えない窓の落書き 曇りガラスが濡らす指先
凍えた頬を重ねて 解け合う心 確かめている

過ぎた時間は不安と切なさの海
壊れそうな恋なのに 君はその度僕を誘った
ああ横浜

もう泣かさない もう離れない
百倍の愛を 捧げることだけ
君のすべてが 僕のすべてで
きっと死ぬまで 君を見つめてる
いつまでも

もう泣かさない もう離れない
百倍の愛を 捧げることだけ
君が笑って 僕が守って
変わらぬ夢と 出逢った奇跡を信じてく

もう泣かさない もう離れない
想い出だけじゃない 僕らの街
君の哀しみ 僕の過ち
だから誓うよ “そしてもう一度愛してる”
いつまでも ずっと

斉藤誠と横浜と歌詞について

以上が斉藤誠 横浜の歌詞です。

  • 斉藤誠の楽曲一覧はこちらから
  • 横浜関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

斉藤誠 横浜の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。