岩瀬敬吾 tururu 歌詞

岩瀬敬吾 tururuの歌詞を提供しています。 『tururu』とは岩瀬敬吾さんが2002/11/06に発売された楽曲です。

tururu 歌詞

曲名:tururu

発売日:2018/3/4

歌手:岩瀬敬吾

作詞:岩瀬敬吾

作曲:岩瀬敬吾

聞いていた戸に近くなり 大抵ためらうもんで
イメージ湧いてないみたいだ
実際は言葉にしない 1人で想像につかって
癒えるまで口にしたんだ

外に何か興味がした
遅くとももがいた

そして思う 濁りだすくらい派手で
消えないように煽ぐだけでいいんだって
もう帰んないと遅くなる 道路で呼吸に困っていた
まるで今風にうたう

かなり傷んだ食事をした
吐き出して終わった

聞いていた戸に近くなり なんかためらいなんて
くさいほどいらんみたいだ
多くは言葉にしない 少しでいいと思う
あえて無いと書いた1枚だった

岩瀬敬吾とtururuと歌詞について

以上が岩瀬敬吾 tururuの歌詞です。

  • 岩瀬敬吾の楽曲一覧はこちらから
  • tururu関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

岩瀬敬吾 tururuの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。