岩瀬敬吾 フリーソウルマン 歌詞

岩瀬敬吾 フリーソウルマンの歌詞を提供しています。 『フリーソウルマン』とは岩瀬敬吾さんが2002/11/06に発売された楽曲です。

フリーソウルマン 歌詞

曲名:フリーソウルマン

発売日:2018/3/4

歌手:岩瀬敬吾

作詞:岩瀬敬吾

作曲:岩瀬敬吾

肩を流れ落ちてどこかに無くなって消えた
そんな事もない本当は
けどいい状態 死にそうにない
いい状態 死にそうにない

おごりみたいなものは変に退屈で縛られるし
それもいいかなって
気にしないと言いたい
フリーソウルマン呼んでくれ

遊び疲れたのはいつ頃までだったんだろう
日頃犬のような首輪
けどいい状態 死にそうにない
いい状態 死にそうにない

気にし過ぎるのにも多少なりに意味があるし
言い訳させて
気にしないと言いたい
フリーソウルマン呼んでくれ

フリーソウルマン

岩瀬敬吾とフリーソウルマンと歌詞について

以上が岩瀬敬吾 フリーソウルマンの歌詞です。

  • 岩瀬敬吾の楽曲一覧はこちらから
  • フリーソウルマン関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

岩瀬敬吾 フリーソウルマンの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。