岩瀬敬吾 どういうわけか 歌詞

岩瀬敬吾 どういうわけかの歌詞を提供しています。 『どういうわけか』とは岩瀬敬吾さんが2002/11/06に発売された楽曲です。

どういうわけか 歌詞

曲名:どういうわけか

発売日:2018/3/4

歌手:岩瀬敬吾

作詞:岩瀬敬吾

作曲:岩瀬敬吾

唇かむ 袖をつかむ
仕草は知っていた
劣勢になる身は一層として現わした
踏み出すつもり 気遣うつもり
声になっていない
夢くれるならもっと早めにして

どういうわけか1人でも彼は
十分すぎた想いをくだけた
自分とは何か問いかけた
膨らんで今にもfly

つい隠れて あいさつして
とびまわってしまう
いやになるの簡単さ 前みたいにね

法律なきには心に姿を
映してくれるのさ 放り出すんだ
揃いかけるには早いだけさ
嫌うだけ嫌えるんだ 期待しない しない

どういうわけか1人でも彼は
十分すぎた想いをくだけた
自分とは何か問いかけた
膨らんで今にもfly

岩瀬敬吾とどういうわけかと歌詞について

以上が岩瀬敬吾 どういうわけかの歌詞です。

  • 岩瀬敬吾の楽曲一覧はこちらから
  • どういうわけか関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

岩瀬敬吾 どういうわけかの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。