三月のパンタシア ブラックボードイレイザー 歌詞

三月のパンタシア ブラックボードイレイザーの歌詞を提供しています。 『ブラックボードイレイザー』とは三月のパンタシアさんが2016/12/14に発売された楽曲です。

ブラックボードイレイザー 歌詞

曲名:ブラックボードイレイザー

発売日:2018/3/4

歌手:三月のパンタシア

作詞:三月のパンタシア

作曲:三月のパンタシア

誰もいない教室で
黒板に書いた本当の想い

鐘の音で我に返る
見つかる前に急いで消し去った

微かに残るチョーク跡
歪(いびつ)な恋を物語る

消せない想いがシミついて
心を白く染め上げた
作り笑いで誤魔化して
いっそ、忘れてしまえ

授業中に視界に入る
黒板の隅、秘密の想い

彼の背中
君の横顔
視線を逸らした臆病な私

一番大切な人を
裏切ることなんてできず

私ひとりが泣いたって
決して誰も困らない
時が経てば色褪せ
きっと、忘れてしまう

想いをひとつ消し去る度に
心は白く汚れてゆく
見せかけの幸せと引き換えに

君の悲しい顔なんて
決して見たくはないのに
描いた想いは今でも
まだ、消せないまま

白い羽が舞い散って
空の果てに消える時
黒い壁を涙が
そっと、流れてゆく

三月のパンタシアとブラックボードイレイザーと歌詞について

以上が三月のパンタシア ブラックボードイレイザーの歌詞です。

  • 三月のパンタシアの楽曲一覧はこちらから
  • ブラックボードイレイザー関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

三月のパンタシア ブラックボードイレイザーの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。