テンテンコ 次郎 歌詞

テンテンコ 次郎の歌詞を提供しています。 『次郎』とはテンテンコさんが2016/12/14に発売された楽曲です。

次郎 歌詞

曲名:次郎

発売日:2018/3/4

歌手:テンテンコ

作詞:テンテンコ

作曲:テンテンコ

あなたはきっとまだ知らない
この町に来るヤツのこと
楽しむことが一番大事と
歌い続けるヤツのこと
よくよく耳を澄ましてごらん
町がざわめき出している
隣のジイさんラジカセ音量
日に日に10ずつ上げている

そいつの名前は次郎さ
拳を握って歌うんだ
その中に込めた信念が
みんなを掴んで放さない

町にレールが敷き詰められた
次郎のフェスが始まるんだ
観客たちの近くに行きたい
次郎の願いが込められた
町中の皆が集まってくる
レールに沿って並ぶんだ
列車の汽笛が遠くから
祭りの始まり合図する

とうとう列車がやって来た
あれが噂の次郎だよ
一瞬にして通り過ぎた
次郎は確かに歌ってた

目と鼻の先で見た景色
数秒間で伝わった
命をかけて楽しめと
その信念が燃えていた

次第に町も燃えてくる
人々の熱狂溢れ出す
次郎の爆音町中ツンざき
ジジババ、トランシーに踊りだす
団地住まいの人妻も
我を忘れて踊りだす
引き篭もりがちなヤツもとうとう
重い扉開け飛び出した

楽しむことの大切さ
気付かぬうちに年をとった
ジジババ泣きながら踊った
けどその涙、輝いてる
今が一番輝いてる
だんだん自分が見えてくる
生きてる価値を見つけ出す
諦めないこと諦めない
楽しむことが大事なんだ

楽しむことが大事なんだ

テンテンコと次郎と歌詞について

以上がテンテンコ 次郎の歌詞です。

  • テンテンコの楽曲一覧はこちらから
  • 次郎関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

テンテンコ 次郎の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。