坂本孝夫 LAST DREAM 歌詞

坂本孝夫 LAST DREAMの歌詞を提供しています。 『LAST DREAM』とは坂本孝夫さんが2016/12/07に発売された楽曲です。

LAST DREAM 歌詞

曲名:LAST DREAM

発売日:2018/3/4

歌手:坂本孝夫

作詞:坂本孝夫

作曲:坂本孝夫

夢から覚めた朝 思い出してみたよ
こんなにも 苦しくて 瞳うるおしてる訳を
どんなに求めても すり抜けてく愛が
こうして時々 感情を ゆさぶって遊ぶよ

時のカケラを集めて 明日へすすめ

I can't stop loving again どうして
手が届く場所に 君がいて
当たり前の日々に溺れて
失くしてわかる重さだね

守れなかった約束は
君の笑顔を削るように
お互いを試してきたバツを
受ける覚悟 そしてもう一度

君は大人ぶって 全てわかるフリで
どんなに強がってみせても
わかるんだボクには

あの時 勇気を出して 抱きしめたなら

確かな愛は いつでも
そばにあるわけじゃないんだと
繰り返す日々重ねながら
いつの間にか見失ってた

遠くに見える あの星は
全てを見つめて 輝くよ
誰もが抱える 愛の重さ
ムネに抱いて 君を思うよ

同じ夢をどこかでまた

I can't stop loving again どうして
手が届く場所に 君がいて
当たり前の日々に溺れて
失くしてわかる重さだね

守れなかった約束は
君の笑顔を削るように
お互いを試してきたバツを
受ける覚悟 そしてもう一度

坂本孝夫とLAST DREAMと歌詞について

以上が坂本孝夫 LAST DREAMの歌詞です。

  • 坂本孝夫の楽曲一覧はこちらから
  • LAST DREAM関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

坂本孝夫 LAST DREAMの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。