エスカーゴ 帰ル 歌詞

エスカーゴ 帰ルの歌詞を提供しています。 『帰ル』とはエスカーゴさんが2002/01/30に発売された楽曲です。

帰ル 歌詞

曲名:帰ル

発売日:2018/3/4

歌手:エスカーゴ

作詞:エスカーゴ

作曲:エスカーゴ

渋滞まだおさまらず灰色のガスが立ち上る夜
みんなの顔気になるね塞がりレオンも尻尾を振るだろう
僕を呼ぶ声がする
はるか遠くのあの人だ
僕を待ってる人がいる
はるか昔のあの人だ

うちへ帰ろう懐かしいあの香りと青い空が
ほら僕の鼻先くすぐって恋しくなる
夕日が落ちるその前にあなたの顔思い出せば
ほらあのときのまま公園も桜並木

やわらかだね風の音みんなの便り届けてくれる
桜舞い散る春が来る
夏の花火の足音や
切ない夜と秋の空
白く輝く冬の雪

うちへ帰ろう懐かしい
あの写真の笑顔の僕
ほら早くおいでと手招きしてるようだ

うちへ帰ろう懐かしいあの香りと青い空が
ほら僕の鼻先をくすぐって恋しくなる
夕日が落ちるその前にあなたの顔思い出せば
ほらあのときのまま公園も桜並木

エスカーゴと帰ルと歌詞について

以上がエスカーゴ 帰ルの歌詞です。

  • エスカーゴの楽曲一覧はこちらから
  • 帰ル関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

エスカーゴ 帰ルの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。