干物(Pri☆mage) 希望の花びら 歌詞

干物(Pri☆mage) 希望の花びらの歌詞を提供しています。 『希望の花びら』とは干物(Pri☆mage)さんが2016/12/14に発売された楽曲です。

希望の花びら 歌詞

曲名:希望の花びら

発売日:2018/3/4

歌手:干物(Pri☆mage)

作詞:干物(Pri☆mage)

作曲:干物(Pri☆mage)

悲しみを幾つ越えたら 強くなれるでしょうか?
悔しさの数を僕らは いつの日か笑えるでしょうか?

約束のない現実は 時に残酷すぎて
前を向けない日もあるけど

希望の花びらよ 今は見えなくても
碧空に舞い上がれ!!
いつかその全てを この瞳に必ず
焼き付けてみせるから!!

暗闇の淵で僕らは 必死でしがみついて
哀れみの言葉でさえも唇を噛んで受け入れた

「無駄な努力だ」って今日も僕らを嗤う声が
胸の奥をまた刺すけど

明日への涙よ 過ぎた自己嫌悪と
後悔を洗い流せ!!
描いた未来なら この両手で必ず
掴み取ってみせるから!!

約束のない現実は 時に残酷すぎて
前を向けない日もあるけど…

希望の花びらよ 今は見えなくても
碧空に舞い上がれ!!
いつかその全てを この瞳に必ず
焼き付けてみせるから
世界で一つの物語を始めよう!!

干物(Pri☆mage)と希望の花びらと歌詞について

以上が干物(Pri☆mage) 希望の花びらの歌詞です。

  • 干物(Pri☆mage)の楽曲一覧はこちらから
  • 希望の花びら関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

干物(Pri☆mage) 希望の花びらの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。