エスカーゴ 六月のあなた 歌詞

エスカーゴ 六月のあなたの歌詞を提供しています。 『六月のあなた』とはエスカーゴさんが2001/04/25に発売された楽曲です。

六月のあなた 歌詞

曲名:六月のあなた

発売日:2018/3/4

歌手:エスカーゴ

作詞:エスカーゴ

作曲:エスカーゴ

あじさい畑の遠いお空に浮かぶのは
紫のかわいた星屑
三年の月日が経ってあなたもね
多少なり歳をとったでしょう

カタツムリのように誠実なあなた
青い葉の下で私を守ってくれたのに

今この空を見上げてるこの気持ちあなたは知らず
傘もささずに降り続く雨の音懐かしすぎて
またひとつ歳をとるあなたにも聞こえてるかな

あなたがくれた一枚だけの
手紙もね写真もね
全部捨てたのに
なぜだろう心の中は
何一つ捨てきれずふくらむばかりで

好きという言葉もあてはまらないよ
わたしの体をうるおしてくれたあなたには

今この空が流してるこの涙あなたは知らず
激しさまして降り続く雨の音優しすぎるよ
あじさいがすべてを見透かしては
わたしを笑う

あなたがいる わたしがいない
あなたがいない わたしがいる
そう この場所には

六月の雨気まぐれに晴れないでわたしのために
紫の雨 六月の雨
弱虫でからまわりのわたしを
あなたが笑う

エスカーゴと六月のあなたと歌詞について

以上がエスカーゴ 六月のあなたの歌詞です。

  • エスカーゴの楽曲一覧はこちらから
  • 六月のあなた関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

エスカーゴ 六月のあなたの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。