QOOLAND 友達を超えて 歌詞

QOOLAND 友達を超えての歌詞を提供しています。 『友達を超えて』とはQOOLANDさんが2016/12/14に発売された楽曲です。

友達を超えて 歌詞

曲名:友達を超えて

発売日:2018/3/4

歌手:QOOLAND

作詞:QOOLAND

作曲:QOOLAND

何年生きて何千万稼ごうが
君と僕がいた 3年ほど価値もない
何をやってても満たせないその3年間
だけど僕のことを作ったのもその3年間

100人もできなかった いや100人もいらなかった
友達がいる 友達でしかない人がいる

だけど君が好きだって それが言えなくて 消えてゆく
消えてゆくのが 怖くて飛べなくて
たまに思い出す あの頃の毎日が 消えてゆく
消えてゆくのが 死ぬほど嫌なんだよ

かまってほしい日は放ったらかしにするくせに
放っておいてほしい日に話しかけてくる君が
僕は大好きで でも僕は僕が嫌いで
先生も勉強も嫌いで 歌に逃げ込んだ

ずいぶんと仲がいいな まぁあいつはいいやつだもんな
友達といるその友達が 友達を超えた日も

彼と僕は友達で 君も友達で それでいい
それでいいのに 涙が出るんだって
何を唄ったって Rape Meを聴いたって
とまらない とまらない この気持ちは何なんだろう

だけど君が好きだって でも言えなくて 消えてゆく
消えてゆくのが 怖くて飛べなくて
たまに思い出す あの頃の毎日が 消えてゆく
消えてゆくのが 死ぬほど嫌なんだよ

だけど僕は友達で 君の友達で 変わらない
変わらないまま 大人になるんだって
だけどやめたくて ただやめたくて 友達を
友達じゃない僕らになりたくて

QOOLANDと友達を超えてと歌詞について

以上がQOOLAND 友達を超えての歌詞です。

  • QOOLANDの楽曲一覧はこちらから
  • 友達を超えて関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

QOOLAND 友達を超えての歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。