GARNiDELiA 変わらないモノ 歌詞

GARNiDELiA 変わらないモノの歌詞を提供しています。 『変わらないモノ』とはGARNiDELiAさんが2016/12/14に発売された楽曲です。

変わらないモノ 歌詞

曲名:変わらないモノ

発売日:2018/3/4

歌手:GARNiDELiA

作詞:GARNiDELiA

作曲:GARNiDELiA

どれだけ傷ついたんだろう
どれだけ失ったんだろう

失敗した回数なんて
思い出せないくらいだけど

大人になるほど
見たくないことも 見えるようになって
できないって決めつけた
大きすぎる闇に足がすくんでも
進めたのは一人じゃないから

僕らは
こんなにも弱くて儚く
とても小さな生き物だけど
隣にキミがいてくれるのなら
世界だって変えられる

どれだけ守られてるだろう
どれだけ愛されてるだろう

周りが見えなくなって
「独り」だと思い込んだりして

痛みを知るほど
傷つくことに 臆病になって
逃げ道探してた
振り返ればそこには
僕だけじゃない 共に歩いた
軌跡があるから

僕らは
こんなにも弱くて儚く
とても小さな生き物だから
隣同士支えあう強さを
知ることができたんだ

キミが楽しく笑ってるなら ボクもなんだか嬉しいんだよ
キミが辛くて苦しいときは ボクも痛くて悲しくなるよ

僕らの目に見えるモノたちは 変わり続けてくけれど
カタチの無いこの繋がりは そうさずっと
変わらないモノ 信じていて

My heart will always be with you…

僕らは
こんなにも弱くて儚く
とても小さな生き物だけど
隣にキミがいてくれるのなら
世界だって変えられる
世界だって変えられる!

GARNiDELiAと変わらないモノと歌詞について

以上がGARNiDELiA 変わらないモノの歌詞です。

  • GARNiDELiAの楽曲一覧はこちらから
  • 変わらないモノ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

GARNiDELiA 変わらないモノの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。