福田こうへい 哀愁列車 歌詞

福田こうへい 哀愁列車の歌詞を提供しています。 『哀愁列車』とは福田こうへいさんが2016/12/07に発売された楽曲です。

哀愁列車 歌詞

曲名:哀愁列車

発売日:2018/3/4

歌手:福田こうへい

作詞:福田こうへい

作曲:福田こうへい

惚れて 惚れて
惚れていながら 行く俺に
旅をせかせる ベルの音
つらいホームに 来は来たが
未練心に つまづいて
落とす涙の 哀愁列車

燃えて 燃えて
燃えて過ごした 湯の宿に
うしろ髪ひく 灯(ひ)がひとつ
今宵逢瀬(おうせ)を 待ち詫(わ)びる
君の幸せ 祈りつつ
旅にのがれる 哀愁列車

泣いて 泣いて
泣いているのを 知らぬげに
窓はふたりを 遠くする
こらえきれずに 見返れば
すがるせつない 瞳(め)のような
星が飛ぶ飛ぶ 哀愁列車

福田こうへいと哀愁列車と歌詞について

以上が福田こうへい 哀愁列車の歌詞です。

  • 福田こうへいの楽曲一覧はこちらから
  • 哀愁列車関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

福田こうへい 哀愁列車の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。