classicus 昨日、君の夢を見たよ 歌詞

classicus 昨日、君の夢を見たよの歌詞を提供しています。 『昨日、君の夢を見たよ』とはclassicusさんが2016/12/07に発売された楽曲です。

昨日、君の夢を見たよ 歌詞

曲名:昨日、君の夢を見たよ

発売日:2018/3/4

歌手:classicus

作詞:classicus

作曲:classicus

昨日、君の夢を見たよ
それは眩しいくらいの朝の光に包まれた食卓
温かいスープを君は作ってくれた
空いたグラスに満ち足りた時間

いつでも戻っておいで 君はそう言ってくれるけれど
とても優しい人だから 僕は戻れそうにないんだよ
君を傷つけるだけだから

昨日、君の夢を見たよ
それは春の雨が滴る窓辺に腰かけたテーブル
大きな画用紙に君と描いた地図は
強い風受けて舞い上がって消えた

つないだ手と手の中で もう少しだけ夢を見させて
とても美しい人だから 僕はときどき怖くなるんだ
君を失ってしまうことが

もうすでに僕らは遠く離れて
交わることのない円の中 呼吸をする

昨日、君の夢を見たよ
それは眩しいくらいの朝の光に包まれた食卓
温かいスープを君は作ってくれた
空いたグラスに満ち足りた時間

classicusと昨日、君の夢を見たよと歌詞について

以上がclassicus 昨日、君の夢を見たよの歌詞です。

  • classicusの楽曲一覧はこちらから
  • 昨日、君の夢を見たよ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

classicus 昨日、君の夢を見たよの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。