仲田まさえ 冬のリヴィエラ(2016 Remastering ver.) 歌詞

仲田まさえ 冬のリヴィエラ(2016 Remastering ver.)の歌詞を提供しています。 『冬のリヴィエラ(2016 Remastering ver.)』とは仲田まさえさんが2016/12/07に発売された楽曲です。

冬のリヴィエラ(2016 Remastering ver.) 歌詞

曲名:冬のリヴィエラ(2016 Remastering ver.)

発売日:2018/3/4

歌手:仲田まさえ

作詞:仲田まさえ

作曲:仲田まさえ

彼女(あいつ)によろしく伝えてくれよ
今ならホテルで寝ているはずさ
泣いたら窓辺のラジオをつけて
陽気な唄でも聞かせてやれよ

アメリカの貨物船が
桟橋で待ってるよ

冬のリヴィエラ 男って奴は
港を出てゆく船のようだね
哀しければ 哀しいほど
黙りこむもんだね

彼女は俺には過ぎた女さ
別れの気配をちゃんと読んでて
上手にかくした旅行鞄に
外した指輪と酒の小壜さ

やさしさが霧のように
シュロの樹を濡らしてる

冬のリヴィエラ 人生って奴は
思い通りにならないものさ
愛しければ 愛しいほど
背中合わせになる

皮のコートのボタンひとつ
とれかけて サマにならない

冬のリヴィエラ 男って奴は
港を出てゆく船のようだね
哀しければ 哀しいほど
黙りこむもんだね

仲田まさえと冬のリヴィエラ(2016 Remastering ver.)と歌詞について

以上が仲田まさえ 冬のリヴィエラ(2016 Remastering ver.)の歌詞です。

  • 仲田まさえの楽曲一覧はこちらから
  • 冬のリヴィエラ(2016 Remastering ver.)関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

仲田まさえ 冬のリヴィエラ(2016 Remastering ver.)の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。