Flower Notes Sugar & Milk 歌詞

Flower Notes Sugar & Milkの歌詞を提供しています。 『Sugar & Milk』とはFlower Notesさんが2016/12/07に発売された楽曲です。

Sugar & Milk 歌詞

曲名:Sugar & Milk

発売日:2018/3/4

歌手:Flower Notes

作詞:Flower Notes

作曲:Flower Notes

魔法の言葉ひとつあげるよ あなたのために

雨の音がはらはら パラソルが揺れてる 放課後の帰り道の出来事から
始まるストーリーはふたりのものなのかな わからないけどそうだといいな

いつしか降り出した雨も止んでいた
陽が射したらパラソルは置いてゆこう

魔法の言葉ひとつかけるだけ お砂糖もミルクもいらないから
ビターな笑顔つくらずに済むなら それが一番素敵だね

風の音がざわざわ そよ風が吹いてる 門限間近の思い出から

気づけばお日様が月に変わってた
とっておきの楽しみは明日にしよう

魔法の力ひとつ頼るだけ 神様も許してくれるのでしょう
ベターな道を選ぶくらいならば ベストな道を行きたいね

海の向こう 夢に見た街がある 果てしなく離れているけど
歩いていこう すべての道がベストさ その街に続いてる

魔法の言葉ひとつかけるだけ お砂糖もミルクもいらないから
ビターな笑顔つくらずに済むなら それが一番素敵だね

Flower NotesとSugar & Milkと歌詞について

以上がFlower Notes Sugar & Milkの歌詞です。

  • Flower Notesの楽曲一覧はこちらから
  • Sugar & Milk関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

Flower Notes Sugar & Milkの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。