メガマソ ふとん史 歌詞

メガマソ ふとん史の歌詞を提供しています。 『ふとん史』とはメガマソさんが2016/12/07に発売された楽曲です。

ふとん史 歌詞

曲名:ふとん史

発売日:2018/3/4

歌手:メガマソ

作詞:メガマソ

作曲:メガマソ

人参を口に運んで、昨日より少し強く噛む。
あの蒲団の味がしたよ、むくつけき蝦蟇どもを見る。

君の透ける肌が「真冬だね」って、僕の口を衝かせたら。
小さい肺、凍えて刺す……凛冽と。
君の笑う顔に真顔で寄って、僕の口が塞いだら。
小さい息、すくと飲んだ……鮮やかに。

君の透ける肌を真冬に練って、僕の指でまとめたら。
小さい「はい」、小声で出す……蒲団から。
君の笑う顔に真顔で酔って、僕の指が塞いだら。
小さい閾、すぐに超えた……軽やかに。

メガマソとふとん史と歌詞について

以上がメガマソ ふとん史の歌詞です。

  • メガマソの楽曲一覧はこちらから
  • ふとん史関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

メガマソ ふとん史の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。