高橋克典 シングルベッド 歌詞

高橋克典 シングルベッドの歌詞を提供しています。 『シングルベッド』とは高橋克典さんが2016/12/07に発売された楽曲です。

シングルベッド 歌詞

曲名:シングルベッド

発売日:2018/3/4

歌手:高橋克典

作詞:高橋克典

作曲:高橋克典

流行の唄も歌えなくて ダサイはずのこの俺
おまえと離れ 一年が過ぎ いい男性(おとこ)になったつもりが

それでもこの年齢(とし)まで俺が 育てた裸の心は
おシャレをしても 車替えても 結局変化もないまま

早く忘れるはずの ありふれた別れを
あの時のメロディーが思い出させる

シングルベッドで夢とお前抱いてた頃
くだらない事だって 二人で笑えたね
今夜の風の香りは あの頃と同じで
次の恋でもしてりゃ 辛くないのに

寄り道みたいな始まりが 二年も続いたあの恋
初めてお前抱いた夜ほら 俺の方が震えてたね

恋は石ころよりも あふれてると思ってた
なのにダイヤモンドより 見つけられない

シングルベッドで二人 涙拭いてた頃
どっちから別れ話するか賭けてた

あの頃にもどれるなら お前を離さない

シングルベッドで夢とお前抱いてた頃
くだらない事だって 二人で笑えたね
今夜の風の香りは あの頃と同じで
次の恋でもしてりゃ ああ 辛くないのに

高橋克典とシングルベッドと歌詞について

以上が高橋克典 シングルベッドの歌詞です。

  • 高橋克典の楽曲一覧はこちらから
  • シングルベッド関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

高橋克典 シングルベッドの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。