新田晃也 心の夜汽車 歌詞

新田晃也 心の夜汽車の歌詞を提供しています。 『心の夜汽車』とは新田晃也さんが2016/11/16に発売された楽曲です。

心の夜汽車 歌詞

曲名:心の夜汽車

発売日:2018/3/4

歌手:新田晃也

作詞:新田晃也

作曲:新田晃也

ひとり手酌(てじゃく)の 日暮れ酒
胸の線路が 軋(きし)み出す
あかね色さす ふるさとへ
心の夜汽車に 乗り込めば
春まだ遠い 雪の駅
あの日別れた おまえが浮かぶ

今日も行(ゆ)きかう 人の波
夢を抱くやつ 捨てるやつ
呼んで届かぬ ビルの谷
心の夜汽車に 揺れながら
背中の丸い おふくろに
風の屋台で 半端(はんぱ)を詫びる

訛(なま)り隠さず 俺なりに
負けてなるかと 生きてきた
情(なさ)けひとつが 恋しくて
心の夜汽車の ベルが鳴る
いつかは帰る 田舎駅
白いコブシよ 迎えておくれ

新田晃也と心の夜汽車と歌詞について

以上が新田晃也 心の夜汽車の歌詞です。

  • 新田晃也の楽曲一覧はこちらから
  • 心の夜汽車関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

新田晃也 心の夜汽車の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。