新田晃也 望郷新相馬 歌詞

新田晃也 望郷新相馬の歌詞を提供しています。 『望郷新相馬』とは新田晃也さんが2016/11/16に発売された楽曲です。

望郷新相馬 歌詞

曲名:望郷新相馬

発売日:2018/3/4

歌手:新田晃也

作詞:新田晃也

作曲:新田晃也

山合いの 小さなふる里よ
水の眩しさ 変わらぬだろうか
夕飯支度(ばんげじたく)の 煙がのぼる
藁葺(わらぶき)屋根が 懐かしい
都会(まち)の暮らしに 疲れた夜は
遠い郷愁(おもい)に 新相馬

ハ~ア~ 遥か彼方(かなた)は
相馬の空かよ なんだコラヨっと

数指折(かぞえ)れば 何年経ったかな~
皆(みん)な達者で 暮らしているか
夜仕事(よなべ)夜更けて 腹ごしらえの
母ちゃんの味 懐かしい
酒がしみじみ 沁みこむ夜は
酔いに連られて 新相馬

いわし雲 夕陽が染め抜いて
トンボ群れなし 飛んでるだろうか
泣いて笑って あぜ道帰り
悪戯友達(いたずらとも)が 懐かしい
星の灯りが 恋しい夜は
故郷(くに)を仰いで 新相馬

新田晃也と望郷新相馬と歌詞について

以上が新田晃也 望郷新相馬の歌詞です。

  • 新田晃也の楽曲一覧はこちらから
  • 望郷新相馬関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

新田晃也 望郷新相馬の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。