新田晃也 夢見てひとり 歌詞

新田晃也 夢見てひとりの歌詞を提供しています。 『夢見てひとり』とは新田晃也さんが2016/11/16に発売された楽曲です。

夢見てひとり 歌詞

曲名:夢見てひとり

発売日:2018/3/4

歌手:新田晃也

作詞:新田晃也

作曲:新田晃也

目を閉じて振り返る 夜の静寂(しじま)に
甦(よみがえ)る想い出を たどる虚しさ
逢いたくて恋しくて 心乱れて
今はただ幻を 揺れて見上げて
アー消えずに 浮かぶ面影
抱いて抱いて 抱いて抱いて…
夢見てひとり

微笑(ほほえ)みに抱擁(つつ)まれた 時の流れよ
絡ませた指先に 愛を重ねて
何もかも愛(いと)しさに 心震わせ
寄り添えば温(ぬく)もりに 涙溢れる
アー消せずに 残る面影
抱いて抱いて 抱いて抱いて…
夢見てひとり

気がつけば音もなく 変化(かわ)る季節に
悲しみも切なさも 乗せて見送る
アー消えずに 浮かぶ面影
抱いて抱いて 抱いて抱いて…
夢見てひとり
夢見てひとり…

新田晃也と夢見てひとりと歌詞について

以上が新田晃也 夢見てひとりの歌詞です。

  • 新田晃也の楽曲一覧はこちらから
  • 夢見てひとり関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

新田晃也 夢見てひとりの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。