THE Hitch Lowke キュルルムーン 歌詞

THE Hitch Lowke キュルルムーンの歌詞を提供しています。 『キュルルムーン』とはTHE Hitch Lowkeさんが2016/12/14に発売された楽曲です。

キュルルムーン 歌詞

曲名:キュルルムーン

発売日:2018/3/4

歌手:THE Hitch Lowke

作詞:THE Hitch Lowke

作曲:THE Hitch Lowke

もっと素敵に生まれたかったよ キュルルムーン
アレルギーなんていらなかったよ キュルルムーン

君にあって僕にない
僕だけが背負って君にない

広い世界で自分を見てさ
恵まれてるんだって思えなきゃクソ人間か?

「もしも」や「だったら」と目を閉じてたら
いつの間にか僕らは泣いていた
生まれた意味を問いかける歌も
何故か心まで届かない夜

あと少しだけこうだったらばと キュルルムーン
性格が歪んでく音がする キュルルムーン

せいぜいもってあと7日
8日目の朝は迎えたくない

崩れ落ちた気持ちは幾度も
僕にしかわからない悲しみってあるでしょ

「立ち止まるなよ!」と乗せ歌うメロディ
背中押されたフリで笑ってる
誰かに優しくされたような気が
してただけ 何も変わらない夜

諦めた 僕は諦めたのさ
前に行く為に 捨てる物は捨てて身軽に踊れ!

悲しみも笑えば
なぜかいつか本気で笑えるようだ

広い世界で自分を見てさ
我は我でしか無いと知るだけ

人は1人で生きられないけど
この世の全ての中で1人だけ

明日を止めちゃわなくて良かったと
思える夜が誰にも来るだろう
涙ふいて見上げた月は今も
欠けたり満ちたりして浮かんでる

THE Hitch Lowkeとキュルルムーンと歌詞について

以上がTHE Hitch Lowke キュルルムーンの歌詞です。

  • THE Hitch Lowkeの楽曲一覧はこちらから
  • キュルルムーン関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

THE Hitch Lowke キュルルムーンの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。