For Tracy Hyde First Regrets 歌詞

For Tracy Hyde First Regretsの歌詞を提供しています。 『First Regrets』とはFor Tracy Hydeさんが2016/12/02に発売された楽曲です。

First Regrets 歌詞

曲名:First Regrets

発売日:2018/3/4

歌手:For Tracy Hyde

作詞:For Tracy Hyde

作曲:For Tracy Hyde

さようなら。
この窓のどんな景色さえも、僕らには優しかったね。
雪を待つ12月、白い息で走る坂道と、消えない痛み。

ノートの隙間に隠した気持ちぜんぶここから風に放してやる。

そして最初のひとひらが舞う灰の空を仰ぐ君に、
変わらず手を振る――僕らがゼロになる前に。
はじめての後悔を君に捧げよう。

冷めたコーヒー缶、揺れるぶらんこ。
いつだっけ、この狭い公園が世界のすべてだと思えたのは。

ねえ、あの日あのとき伝えたことにひとつとして偽りはないから。

いつか最後のひとひらが舞う朝に僕に出会う君は、
変わらず笑って――僕らがゼロになっても。
はじめての後悔を君に捧げよう。

For Tracy HydeとFirst Regretsと歌詞について

以上がFor Tracy Hyde First Regretsの歌詞です。

  • For Tracy Hydeの楽曲一覧はこちらから
  • First Regrets関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

For Tracy Hyde First Regretsの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。