杏里 CURTAIN CALL 歌詞

杏里 CURTAIN CALLの歌詞を提供しています。 『CURTAIN CALL』とは杏里さんが1995/09/01に発売された楽曲です。

CURTAIN CALL 歌詞

曲名:CURTAIN CALL

発売日:2018/3/4

歌手:杏里

作詞:杏里

作曲:杏里

痛いくらい 胸を震わす音
湧き上がる歓声 耳元の拍手が
私だけの時 今 止めたみたい

忙しい 今の彼を誘い
ラスト・コンサートを一度観てみたいと
気まぐれなふりをして ここへ来たのは

大切にしまってた
あなたとの想い出から
自分を解き放つ その前に
ひとときの夢
駆け巡ってみたかったの

二人だけのアイドルにしようと
夢中で聴いていた 大好きなLove Song
今 想い出のシーンが彩ってゆく

何を求めていたの?
何を失ってきたの?
きっとあなたもこの人波の
どこからか ふと
時を止めて さまよってる

Curtain Call
喝采を浴びて去る
アイドルを見送ったら
隣りに座る彼を微笑んで見れるように 今
ラスト・シーンの幕を閉じた

杏里とCURTAIN CALLと歌詞について

以上が杏里 CURTAIN CALLの歌詞です。

  • 杏里の楽曲一覧はこちらから
  • CURTAIN CALL関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

杏里 CURTAIN CALLの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。