栞菜智世 A little girl 歌詞

栞菜智世 A little girlの歌詞を提供しています。 『A little girl』とは栞菜智世さんが2016/12/07に発売された楽曲です。

A little girl 歌詞

曲名:A little girl

発売日:2018/3/4

歌手:栞菜智世

作詞:栞菜智世

作曲:栞菜智世

一番欲しいものは 決して手に入らないの?
その方がいい? 何も出来ずに 消えてしまいそう

“充分だよ”と言われても こんな自分がキライで
目を閉じたらもう 目覚めたくなかった

色あせた写真が ふと落ちて 気づいたよ
幼いころの私には 世界がすべて
キラキラ輝いて こんな風に笑えた
もう一度 自分のこと 信じたい

甘えないで 頼らないで 突き進むのが
自暴自棄か まだやれるか 分からなくなる

これから先 もっと辛い 現実に塞がれても
怖れない強さ 今はまだ未完成

電話越しに聞こえる 口癖に ほっとしたよ
ずっと守られていたんだね 懐かしくて
初めて抱いた夢 背中押してくれたね
あの日の私を 信じて

色あせた写真が ふと落ちて 気づいたよ
幼いころの私には 世界がすべて
キラキラ輝いて こんな風に笑えた
もう一度 自分のこと 信じたい

欲しいものは 手にするまで 気付かないもの
それでいいよね そのときまで 楽しみだから

栞菜智世とA little girlと歌詞について

以上が栞菜智世 A little girlの歌詞です。

  • 栞菜智世の楽曲一覧はこちらから
  • A little girl関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

栞菜智世 A little girlの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。