稲垣潤一 DOUBLE meaning 歌詞

稲垣潤一 DOUBLE meaningの歌詞を提供しています。 『DOUBLE meaning』とは稲垣潤一さんが2009/03/11に発売された楽曲です。

DOUBLE meaning 歌詞

曲名:DOUBLE meaning

発売日:2018/3/4

歌手:稲垣潤一

作詞:稲垣潤一

作曲:稲垣潤一

眠れないだけで
電話なんかするなよ
誰かの代わりだと
僕はわかってる

慰められたくて
泣いたりする気かい
いつでもいいひとで
いられやしないのに

神様にはなれない
うまい嘘がつけない
君があたたかくなることば
きっと言えない

愚痴を聞かされて
ためいきも許すけど
今夜は このままで
たぶん終わらない

JOKEだけにできない
迷わすしかできない
ただの優しさが欲しいなら
ほかにしてくれ

おどけるほど心は
ものわかりがよくない
いままでの君を失くすのも
いまは怖くない

冷たい男と
思うかもしれないね
隠した ときめきに
君が気づくまで

稲垣潤一とDOUBLE meaningと歌詞について

以上が稲垣潤一 DOUBLE meaningの歌詞です。

  • 稲垣潤一の楽曲一覧はこちらから
  • DOUBLE meaning関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

稲垣潤一 DOUBLE meaningの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。