anderlust 友達のふり 歌詞

anderlust 友達のふりの歌詞を提供しています。 『友達のふり』とはanderlustさんが2016/12/14に発売された楽曲です。

友達のふり 歌詞

曲名:友達のふり

発売日:2018/3/4

歌手:anderlust

作詞:anderlust

作曲:anderlust

「今すぐ会いたい」って 電話
真夜中 あなたの 声がうれしすぎて
張り裂けそうな胸の 鼓動
「伝えたいことが ある」なんて言うから

会うなりあなたは 「彼女が出来た」って
最高の 笑顔で手を握った

あなたのこと 初めて会った日から
あぁずっと 好きだったのに
冷たい指を 息で温めるふりして
涙 拭いて夜空を 一人で見上げた

いつもの公園の ベンチ
こうして会うのは これで最後かな

あなたの横顔 こんなに近くに
あったのに 届きそうで届かない

あぁどうすれば 好きにならなかったのかなぁ
なんて 手遅れだね
「おめでとう」恋が 下手になるほど友達の
ふりが 悲しいくらい 上手くなってくよ

彼女に伝えて「あなたの彼氏は
鈍感で きっと苦労するよ」と……

あなたのこと 初めて会った日から
あぁずっと 好きだったのに
冷たい指を 息で温めるふりして
涙 拭いて笑った
「おめでとう」恋が 下手になるほど友達の
ふりが 悲しいくらい 上手くなってくよ

anderlustと友達のふりと歌詞について

以上がanderlust 友達のふりの歌詞です。

  • anderlustの楽曲一覧はこちらから
  • 友達のふり関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

anderlust 友達のふりの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。