霧島昇 旅役者の唄 歌詞

霧島昇 旅役者の唄の歌詞を提供しています。 『旅役者の唄』とは霧島昇さんが1994/06/21に発売された楽曲です。

旅役者の唄 歌詞

曲名:旅役者の唄

発売日:2018/3/4

歌手:霧島昇

作詞:霧島昇

作曲:霧島昇

秋の七草 色増すころよ
役者なりゃこそ 旅から旅へ
雲が流れる 今年も暮れる
風にさやさや 花芒

時雨ふる夜は 蟋蟀(こおろぎ)啼いて
なぜか淋しい 寄せ太鼓
下座の三味さえ こころに沁みる
男涙の 牡丹刷毛

幟はたはた 夕雲見れば
渡る雁 故郷は遠い
役者する身と 空飛ぶ鳥は
どこのいずくで 果てるやら

霧島昇と旅役者の唄と歌詞について

以上が霧島昇 旅役者の唄の歌詞です。

  • 霧島昇の楽曲一覧はこちらから
  • 旅役者の唄関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

霧島昇 旅役者の唄の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。