稲垣潤一 君が消えてゆく 歌詞

稲垣潤一 君が消えてゆくの歌詞を提供しています。 『君が消えてゆく』とは稲垣潤一さんが2009/03/11に発売された楽曲です。

君が消えてゆく 歌詞

曲名:君が消えてゆく

発売日:2018/3/4

歌手:稲垣潤一

作詞:稲垣潤一

作曲:稲垣潤一

返事のないこの部屋は
時が 止まったままだよ
今になって 気づいたのさ
失くした物の大きさ

ふられたという現実
君だけが 足りない
テーブルの 広さには
どうにか 慣れたけど

傷つけあい それでも
側にいた ふたり
今ならば あの涙も
すべて 抱きしめるのに

ひとりになり、今だ何も
手につかない日々の中
ひとつ、ひとつ 消えてしまう
君を 忘れられないよ

“愛”なんていう言葉に
照れていた あの頃
でも君は その言葉
いつでも 欲しがった

終わった恋の事
悪く言う奴に
僕は決して なりたくない
とても好きだったから

返事のないこの部屋は
時が 止まったままだよ
今になって 気づいたのさ
失くした物の大きさ

君がすべてだったこと

稲垣潤一と君が消えてゆくと歌詞について

以上が稲垣潤一 君が消えてゆくの歌詞です。

  • 稲垣潤一の楽曲一覧はこちらから
  • 君が消えてゆく関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

稲垣潤一 君が消えてゆくの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。