関大八 逢いたくて海雲台 歌詞

関大八 逢いたくて海雲台の歌詞を提供しています。 『逢いたくて海雲台』とは関大八さんが2016/11/30に発売された楽曲です。

逢いたくて海雲台 歌詞

曲名:逢いたくて海雲台

発売日:2018/3/4

歌手:関大八

作詞:関大八

作曲:関大八

海雲台(ヘウンデ)はもう 桜が散るのに
恋しい人は なぜ来ない
一年前に 指きりさせて
私の小指も 泣いてます
逢いたくて マンナゴシツポソ
吹く風よ あの人を見たら
待ってたことを 伝えておくれ
さようなら コンガンハゴラ タンシンニヨ

季節は秋を 連れてきたけれど
愛しい人の 影もない
遠くでひとり 花火を見ても
心の底まで 燃えません
逢いたくて マンナゴシツポソ
いつまでも この街の灯り
覚えていてね 私のことも
さようなら コンガンハゴラ タンシンニヨ

逢いたくて マンナゴシツポソ
吹く風よ あの人を見たら
待ってたことを 伝えておくれ
さようなら コンガンハゴラ タンシンニヨ
さようなら コンガンハゴラ タンシンニヨ

関大八と逢いたくて海雲台と歌詞について

以上が関大八 逢いたくて海雲台の歌詞です。

  • 関大八の楽曲一覧はこちらから
  • 逢いたくて海雲台関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

関大八 逢いたくて海雲台の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。