Bentham 手の鳴る方へ 歌詞

Bentham 手の鳴る方への歌詞を提供しています。 『手の鳴る方へ』とはBenthamさんが2014/10/08に発売された楽曲です。

手の鳴る方へ 歌詞

曲名:手の鳴る方へ

発売日:2018/3/4

歌手:Bentham

作詞:Bentham

作曲:Bentham

世界が且つ嘆くように 僕の身体は重く
期待した街の喧騒は無いな 舌を巻く

時代が暴走する世に 遮って求ムように
思い込んでいた節操が無いな 舌を巻く

口に詰め込んで行った
君への愛は何処いった
それよりも僕の右手
知らないか?なんてな

手の鳴る方へ

期待が僕の全てを
不安にさせる全て
期待が僕の全てを
まるでヒーロー

不安が暴走するように
雑音が僕の中で
口叩きの手足らず
忘れちまったよ

手の鳴る方へ

期待が僕の全てを
不安にさせる全て
期待が僕の全てを

まるでヒーロー

手の鳴る方へ

Benthamと手の鳴る方へと歌詞について

以上がBentham 手の鳴る方への歌詞です。

  • Benthamの楽曲一覧はこちらから
  • 手の鳴る方へ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

Bentham 手の鳴る方への歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。