徒然なる操り霧幻庵 十六夜ゐ雪洞唄 歌詞

徒然なる操り霧幻庵 十六夜ゐ雪洞唄の歌詞を提供しています。 『十六夜ゐ雪洞唄』とは徒然なる操り霧幻庵さんが2016/11/16に発売された楽曲です。

十六夜ゐ雪洞唄 歌詞

曲名:十六夜ゐ雪洞唄

発売日:2018/3/4

歌手:徒然なる操り霧幻庵

作詞:徒然なる操り霧幻庵

作曲:徒然なる操り霧幻庵

燃ゆる月 道の果て
灯る雪洞(ぼんぼり)に揺り揺られ
歌え踊れ 今宵は宴(うたげ)
祭の太鼓が鳴る しらべ

化作(けさ)の迷い言葉 現世(うつしよ)に紅(べに)をさす
『胸焦がした旅情けも 今や忘る頃か?』
説破(せっぱ) いまだこの身は
悟るには宵の口
忘るるものか 忘るるまいぞ
溶いた白粉(おしろい)に隠す

然(しか)らばあばよ 人は誰も
一人遊びの 独楽(こま)なれど
流した ん泪のこヽろは
うつりゆきゆかぬ

咲き乱れ 舞い踊れ
数多(あまた)の雪洞が揺り揺れる
今宵 呑めや歌えや 酔いの果て
醒(さ)むるるものか 醒むるまいぞ
鳴らす鬼太鼓(おんでこ)のバチ乱れ
今宵 月は美(み)な瞳瞳(とうとう)と
満ちる十六夜(いざよい)の宴よ
踊れ日の出がさすまで

出会う友の姿 彼方より来たる在り
『ともすれば、これも一会(いちえ)か』心予(あらかじ)めた
切った張った 喧嘩独楽(けんかごま)
鳴らせ 囃子の鼓
負(やぶ)るるものか負るるまいぞ
童(わらべ)心地に応える

尽きらば ままよ いざ身投げも
厭(いと)うことなく 悔いも無し
あるいは これこそが果てなら
鼓動の高鳴る

散りぬるは かの夢か
我が世ぞ 天元(てんげん)の常ならむ
今宵 色は匂えど 月見れば
止むるるものか 止むるまいぞ
御形(ごぎょう) 弁天(べんてん)の裾(すそ)乱れ
今宵 夢は美な煌々(こうこう)と
燃ゆる片時(かたとき)の命よ
歌え 日の出がさすまで

語る言葉 故語れど是非も無く
歌うことは 故言わねど身を寄せぬ
いざ明くるまで 今宵は宴
二度のない 刹那のしらべ

はぐれた人は いまいずこか
風の便りも わからねど
流した ん泪のこヽろは
夜風にさまよう
然(さ)る人を想う

眺むれば 天の川
数多の雪洞が揺り揺れる
今宵 呑めや歌えや 酔いの果て
醒(さ)むるるものか 醒むるまいぞ
鳴らす鬼太鼓(おんでこ)のバチ乱れ
今宵 月は美(み)な瞳瞳(とうとう)と
満ちる十六夜(いざよい)の宴よ
踊れ日の出がさすまで

徒然なる操り霧幻庵と十六夜ゐ雪洞唄と歌詞について

以上が徒然なる操り霧幻庵 十六夜ゐ雪洞唄の歌詞です。

  • 徒然なる操り霧幻庵の楽曲一覧はこちらから
  • 十六夜ゐ雪洞唄関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

徒然なる操り霧幻庵 十六夜ゐ雪洞唄の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。