分島花音 luminescence Q.E.D. 歌詞

分島花音 luminescence Q.E.D.の歌詞を提供しています。 『luminescence Q.E.D.』とは分島花音さんが2016/11/30に発売された楽曲です。

luminescence Q.E.D. 歌詞

曲名:luminescence Q.E.D.

発売日:2018/3/4

歌手:分島花音

作詞:分島花音

作曲:分島花音

変化する瞳は嘗てを覚えているか
恍惚と邂逅の炎は未だ燃えていて
満ち足りた高揚が伝うのも
乾いた思いを震わすのも
全て僕らが鳴らす証明

長く、終わらない夢よ
悔しさだけでは生まれないその光と出会ってしまった
これが理由だろう
胸を稲妻が駆ける焼け跡は愛情
向かい合うあなたとの衝突も怖くない
これが答えだろう

春の雨音は背中に張り付いたまま
去るものを追わず佇んで
来るものを拒まず慈しみ
奏で波を打つ軌跡

短く、儚い夢よ
過ちの中で振り返り醜い自分と対峙する
立ち止まれない今日を少しでも描き留めたい
紡いだ言葉は
いつの日か僕らがいなくなった未来も息をしているだろう

掴んではすり抜けて行く
近づいては遠のく
どこまでもどこまでも
追いかける速度を試すように

高く、果てしない夢よ
あなたの世界に焦がれている
光が出会いたがっている
これが理由だろう
時代と時間を超えた欠片は愛情
向かい合うあなたとの衝突を待っている
これが答えだろう

Q.E.D.

分島花音とluminescence Q.E.D.と歌詞について

以上が分島花音 luminescence Q.E.D.の歌詞です。

  • 分島花音の楽曲一覧はこちらから
  • luminescence Q.E.D.関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

分島花音 luminescence Q.E.D.の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。